トイプードルのプードルハウス
トイプードルの子犬の全国発送承ります
ホーム
子犬出産情報
交配情報
犬舎見学について
生命保証
犬舎通信
通販法表記
メール
リンク
プライバシーポリシー

[安心のSSL対応]
お問い合わせ(新しいウィンドウが開きます)

 

8.褒め方・叱り方

子犬とのスキンシップで、

「褒め方・叱り方」が大事になってきます。


家庭によって様々な方法があるかもしれませんが

 

参考にしていただけたらなぁと思います。

 



褒める時も叱る時も

 

ポイントは


「しっかり声をだして行うこと」


ただ頭をなだたりしても

子犬は自分の行為に自信が持てないと言われています。


 

 

大事なのは声のトーンです。

 

ほめるときはできるだけ高いトーンで、

叱るときは低いトーンをだしてみて下さい。



また叱るときは、いけない行為をした直後でないと意味がありません。

そして、長い言葉でだらだら叱るのではなくて

できるだけ短い言葉で叱りましょう。

※「ノー!」「いけない!」「ダメっ」など





 

○正しいなで方○



なでると言えば、やっぱり頭をなでる!

という方が多いですが、


それは間違いだと言われています。



これは子犬に限らず、

初対面の犬にでも同じことが言えます。


いきなり頭の上(視界にはいらない所)から

手が出てくると、犬はビックリして怖がってしまいます。


臆病な犬の場合、噛んでしまうこともあります。


なので、初めは低い所に手を差し出して、


においを嗅いできたら


肩や胸のあたりをなでてあげましょう。


そして徐々に身体全体をなでれるようにしていってください。

 



それはもちろん優しい声をかけながらしてみてくださいね。


 

※初対面の成犬の場合※

気の弱い子だと (犬種などにもよりますが)

手を差し伸べた地点で噛む場合があるので


まずは犬の方から

においを嗅いでくるのを待つのがいいと思います。

 

 


 

Copyright(C) 2005-2009 poodle house. All rights and reserved.